国原譜

 きょう18日は敬老の日。制度により9月15日から第3月曜に移行して十数年経っても違和感はあるが、高齢者の方々には祝福と感謝の気持ちをお伝えしたい。

 政府の人づくり革命の具体策を検討する「人生100年時代構想会議」の初会合が開かれた。県内でも、本年度中の到達者も含め100歳以上は979人。100歳時代の到来は絵空事ではない。

 ただ同会議設立の理由に、長寿化進展での現行の公的年金制度維持への懸念もちらつく。高齢者でも働ける環境づくりの一方で、支給時期など年金制度改変の可能性は否定できない。

 いつまでも元気で働ける社会は歓迎すべきに思える。だが、体が動く間は働く人生が果たして幸福なのか、との辛らつな声も聞こえてきそうだ。

 日本生命保険の契約者への調査では、夫婦2人でゆとりある老後を送るのに必要な生活費は平均で月34万円3千円。じっとしていてはハードルは高い。

 昨日から衆議院解散総選挙の早期実施が報じられている。自分たちの都合優先の「政治屋」さんも散見される世の中では、老後への甘さは禁物かもしれない。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド