国原譜

 北朝鮮がまたミサイルを発射した。国連安全保障理事会による新たな制裁決議に対する抗議らしい。世界中を敵に回してどうするつもりなのか。

 軍隊や人民の声として「日本列島の四つの島を核爆弾で海に沈めるべきだ」という報道を伝えるが、信じがたい。こんな空想は世界のどこにも存在の余地がないのだ。

 国の存在意義を示す道が核・ミサイル開発にしかないというなら、何とも情けない話ではないか。国家は軍事を本質としないことが、分かっていないと言うしかない。

 核保有を表明している国に隣接するインドとパキスタンがある。これも歴史的な経緯がもたらした悪しき産物だ。お互いが相手に対して使えば、双方自滅するに違いない。

 安倍晋三首相は先日インドを訪問し、北朝鮮問題をめぐり共同声明を発表した。だが、インドの核保有はどうなのか。パキスタンや米国、ロシア、中国、英国などはどうなのか。

 唯一の被爆国としてわが国はあらゆる核武力の廃絶を掲げ続けるべきで、それが存在意義だ。たとえ空想のように見えても、迷走を続ける北朝鮮の空想とは次元が違う。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド