国原譜

 学校の部活動のあり方が再び注目されている。教員、生徒の負担増の実態を受け、国は今年初め中学、高校の部活での適切な休養日設定を教育委員会などに通知した。

 本年度、いくつかの自治体が休養日を導入。先日は静岡市が、中学の部活での週3日の休養日設定の指針を示した。

 休養日問題は結局、学校の部活に何をどこまで求めるかということだろう。勝利や優秀な成績を至上とするなら、練習量の呪縛から抜け出すのは容易でない。

 一方、楽しさを優先するなら休養日にさほど抵抗はないだろう。どちらが学校の部活のあるべき姿かは、同じ土俵で語ることに限界もある。

 県のスポーツ振興にもかかわりの深い元五輪選手の朝原宣治さんに、主宰する陸上のクラブチームの話を聞いたことがある。運動分野に関しては、能力や目標などに応じて指導が受けられる地域単位の組織の普及も検討されていい方策かもしれない。

 教員の負担軽減では、今春から部活動指導員が制度化された。ただ、部活に多様な思いを持つ生徒側の視点に立てば、学校内の対応だけでは先が見通しにくい。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド