国原譜

 平成23年9月の台風による紀伊半島大水害から6年になる。県内被災地では一定の復興は果たしたが、いまだに行方不明者が存在するなど災害はまだ終わっていない。

 7年の阪神・淡路大震災以降を振り返るだけでも、国内では地震、水害での大災害が数多く発生した。そのつど私たちは学び、対策を講じた。

 地震では南海トラフ地震の発生も見据え、対策計画見直しや各種訓練、自主防災組織の構築、家庭での減災と備えなどが実践されてきた。一方で豪雨に伴う災害に対してはどうか。

 今年は50年に一度の大雨が降り、土砂災害警戒情報の発表、避難指示や勧告が発令されることが多発した。豪雨関連災害の方がより身近になってきた感がある。

 地震と豪雨では避難方法やタイミング、備えるべき物品も異なる。地震と比べてある程度の予測が可能という点では、先手の対応が行政、個人双方に求められることにもなろう。

 地震での津波被害がない「海なし県」の住民としては、その分の意識を豪雨に向け、対策を考えておきたい。それが災害犠牲者への慰霊にもつながるはずだから。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド