国原譜

 まだ当分は暑い日が続くとはいえ、9月となればやはり自然と「秋」を感じる。節目の「夏の総決算」はと思案したが、あまり浮かばない。

 うれしかったのは、夏の甲子園で天理高チームが全国4強まで勝ち上がったこと。県内の野球関係者全ての喜びだろうし、次は優勝を目指して練習に励んでほしい。

 もっぱらテレビ観戦で楽しんでいたが、よく話題になったのが本塁打の量産。ある解説者は下位打者でも外野席へかっ飛ばしていたことに触れ、「高校野球のスタイルが変わった」。

 打撃の主眼が白球を遠くへ飛ばすことへと移り、打線を上位、下位と分けても意味がなくなったというのだ。従来の高校野球の“定型”では収まらなくなったというのだ。

 どんな分野でも定型はある。定型の強みというものもある。だが、段階が上がる状態になったとき、定型の枠を超えた力が働いて新しい次元へと一歩を踏み出す。

 高校野球が新時代へ飛躍するのかどうかは不明。だが各分野で、定型が行き詰まり殻を破ろうと試みている感じもする。球児の熱戦は、それを象徴しているのかもしれない。(北)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド