国原譜

 夜中であろうと空襲警報が鳴れば、家族そろって防空壕(ごう)に避難した。日常的な無差別な空爆で、軍事施設でもない町が焼かれ無名の市民が死んだ。

 そんな戦争体験がない今の人々に、そんな恐怖を与えるものだった。一報を受けたからといって、逃げようもない。誰もがそんな不安を抱いたのではないか。

 北朝鮮が発射したミサイルが、日本上空を通過して太平洋に落ちた。その威力は7年前の比ではないことを誰もが知っている。戦時中でもない普通の暮らしの中での出来事だ。

 逃げようがないということは、日本のどこに住んでいても安全な場所がないということだ。今度の北朝鮮のミサイル発射の意味するところの大きさを思う。

 もし力と力がぶつかり合うことになれば、悲惨な犠牲、取り返しのつかない事態になることは想像がつく。それだけに話し合いの糸口がないことにイライラも募る。

 毎年、終戦記念日に、二度と戦争を繰り返すまいと誓ってきた。その戦争体験者も少数となった。こんな不安な気持ちで日々の暮らしは続けられない。世界の英知を信じたい。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド