国原譜

 青少年が自律型のロボットを製作し、国際的なコンテストで技術や知識を高め合う。そんな取り組みが国内、そして県内でも成果を挙げている。

 ワールドロボットオリンピアード(WRO)の名称で13年前に始まった教育的な大会で、平成20年の横浜大会を機に、国内でも認知度が高まった。

 参加するのは小学校から高校までのチーム。その中で県内の帝塚山中学・高校や奈良教育大付属中学などが相次いで好成績を挙げ、奈良はロボット競技の先進県として注目されているという。

 機器を組み立て開発したプログラムで動かす。簡単な競技ではないが、先進校の活躍をてこにより多くの児童生徒が参加できる環境の整備を望む。

 また裾野を拡大するには平成32年度から小学校で必修化されるプログラミング教育も焦点の一つになる。授業は既存教科の中で行われるため、習う方はもちろん教える側の人材育成も急務だ。

 WROが目的に掲げるのは、科学技術に対する能力と関心の向上。全国学力テストでは県内児童らの学習意欲に課題も指摘されたが、まず興味を高めることから始めたい。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド