国原譜

 4年ぶりに、県議会の定数や選挙区割りなどを論議する「議員定数等検討委員会」が設置されることになった。前回の「現状維持」から変わるか。

 平成31年春の県議選をにらみ、30年6月定例会時に結論を議長に答申する予定だ。定数(現行44)の削減や選挙区定数1の「1人区」の解消などが論議される。

 自治体行政の改革には議員自らが「身を切る改革」を実践することが大事だとして、県議会はこれまでも挑戦し、少しずつ前へ進めてきた。それは正当に評価されるべきだ。

 11年前の取り組みで定数が48から44になり、選挙区数は18から16になった。4年前に、さらに前進をと意気込んだが合意できなかった。今回はどうか。

 定数削減に関して賛否が分かれるほか、1人区解消には選挙区の改編が必要で、これも一致点を見い出すのが難しい課題。各地域でこれまで積み上げてきた選挙事情もあるからだ。

 要は、議員も県民も納得できる論議を展開できるかどうかだ。検討委のもようは公開されるようで、新しい積極的な試みとして注目される。全国の範となるような内容を期待したい。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド