国原譜

 改選後初の議会となった奈良市の臨時議会で、ようやく正副議長も決まって、3選を果たした仲川市政に対して、これからが本番となった。

 定数39のうち最大会派で8人のため、どのような組み合わせになるか注目していた。議長選は、国政の自公政権の枠組みとはならず、水面下の攻防が続いた。

 各派が独自候補擁立の動きがあったため、定数の4分の1以上の10票獲得に向けて多数派工作が続いた。自民は、態度を決めていなかった無所属会派の3人と合わせ11人まで読めた。

 こうしたなかで5人会派の民進党系・改革新政会が独自候補を立て、ひそかに他の無所属組7人と連携して12人となり、議長獲得の戦略だった。

 ところが自民側は日本維新の会3人と組み、公明、共産は独自に候補を立てたため、14人で最多得票し、最大会派の面目を保った。結果的には、改革のお粗末な戦略ミスが露呈した。

 民進党の代表選挙も告示されたが、だれが党首になっても、かつての政権党の勢いはみられない。奈良市議会においても、今度のことで他会派からの信用を失いそうだ。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド