国原譜

 季節の変化を知る雑節の一つに土用がある。夏季は期間中のうしの日にウナギを食べる習慣が有名だが、ほかに土用干しや土用波という言葉も。

 このうち土用波は遠くで発生した夏台風から寄せてくる高波。天気が良いからと気を許していると事故に遭う。そんな危険を教える格言でもある。

 実際に今も台風5号が列島の遥か東南海上にあって、迷走しながら月末にかけて西進。また南方では9号がゆっくり台湾に近付いており、太平洋側では各地でうねりが高い状態が続きそうだ。

 現代ではあえて観天望気に頼らなくても、台風の動きを逐一観測し、予測することで風雨や波浪による被害をある程度は防げるようになってきた。

 それでも災害は起きる。被害を減らすには、さらに予報精度や広報力を高める努力が必要だが、同時に一人ひとりの心構えも問われる。天災は忘れたころにやってくる…という心の隙が怖い。

 夏休みに入り、海から遠い暮らしをしている県民も浜辺に遊ぶ機会が増える季節。最新技術による情報はもちろん、古来の知恵も心に留めて、夏の土用を安全に過ごしたい。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド