国原譜

 奈良市の仲川市政3期目が動き出した。きのうは火葬場建設に向け、予定地で埋設ごみ調査の地元説明を実施。新しい任期で懸案解決を目指す。

 ただ調査は当初予定よりボーリング箇所が増えるなど規模が大きくなる見込みで、ごみの量や質によっては事業費全体の膨張につながる可能性も。

 もちろん問題が多い現在の予定地で事業を進める限り、住民の不安にしっかり応えていくことが大切。その上で早期完成や経費圧縮をどう図るのか。改めて仲川市長の手腕が問われるところ。

 そこで求めたいのが県など行政間の連携、また癒着や妥協ではない市議会との協力関係の構築だろう。併せて市民との偏らない対話も欠かせない。

 目の前に積みあがった市政の課題は火葬場問題だけではない。幼保一元化や財政再建も道半ばだし、ごみ焼却場移設でも新たな局面と向き合うことになる。多くの力を結集していかなければ。

 3期目がスタートしたとは書いたが、今はまだ残任期中。ごみ調査も選挙前に成立した予算の執行に過ぎない。8月からの新任期本番で仲川市長の成長ぶりを見てみたい。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド