国原譜

 福岡、大分両県を襲った九州北部の豪雨から、はや1週間が過ぎた。土砂崩れや河川の氾濫で被災した家屋は約690棟を超え、さらに被害が拡大する恐れがある。

 12日段階で、約1300人が避難を続けている。被災自治体では住宅確保に向けて「みなし仮設」の提供など、住民の生活再建に向けた取り組みを始めた。

 今回もまた、短時間での異常な雨量、急激な河川の水位の上昇など、予想をはるかに超えた事態が発生した。もはや過去の経験則というものは、生かしにくい時代に入ったのかもしれない。

 「これぐらいなら、まだ大丈夫」と思っているうちに、川の水位が急上昇し、身動きがとれなくなったという事例も多かったのではないか。集団で避難する時代から、個人の判断が問われる時代へと移行している。

 ネット社会と言われ、いろいろな情報端末が生活の中に浸透しているが、高齢者らには、なじみが薄い。情報量という点では明らかに格差がある。

 今後ますます、高齢者でも常に情報を身近に知ることができるような「備え」が必要だ。ラジオは最低限、常備しておきたい。(恵)

 

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド