国原譜

 民進、共産、自由、社民の野党4党は昨日午後、憲法の規定に基づいて臨時国会召集の要求書を衆参両院に提出した。

 「加計学園」の獣医学部新設計画を巡って、首相官邸側の働き掛けがあったとされる新文書の問題などを解明するためだが、与党側は応じない方針だ。

 「安倍1強」と言われていた盤石の態勢は、今や各種世論調査でも内閣支持率が軒並み下落。誰もが「おごれる者久しからず」という「平家物語」の冒頭を思い出す。

 一方、きょうは東京都議選の告示日だが、それを狙ったかのように、自民党の豊田真由子衆院議員=埼玉4区=による秘書への暴力行為などが一部週刊誌に報じられた。党執行部は、すぐさま離党届提出を促し、本人も応じた。

 豊田氏は、厚生労働省課長補佐などを経て2012年の衆院選で初当選し、現在2期目。文部科学・内閣府・復興政務官を歴任した。厚労省畑出身という経歴とは裏腹に、立場の弱い秘書へのパワハラとは…。

 公式サイトには事細かくその活動ぶりが報告されている。これらは秘書や裏方さんたちの、陰の支えのおかげであろうに…。(恵)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「須飼秀和ふるさとの詩」展の招待券

プレゼント写真
提供元:BBプラザ美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド