国原譜

 19世紀ドイツの作曲家ワーグナーの音楽には熱狂的な愛好家が存在し、ワグネリアンと呼ばれている。ワーグナーが建設したバイロイト祝祭歌劇場は“聖地”とされ、夏の音楽祭は世界中から信者が巡礼に訪れる。

 日本の多くのワグネリアンが先日、バイロイトならぬ名古屋市に詰め掛けた。アマチュアの愛知祝祭管弦楽団がワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を上演したのだ。

 ワーグナーのオペラには大編成のオケと高度な技術が必要で、プロでさえミスのない演奏は至難。それにアマが挑戦するというのだから、音楽ファンの耳目を集めて当然だろう。

 終演後は演奏をたたえるブラヴォーの嵐だった。アマだけに細かなミスも目立ったが、それを上回る熱い思いがホールを埋めた満員の聴衆の心をうったのだ。

 クラシック音楽の分野では東京の一極集中が著しい。しかし、関係者の努力と情熱があれば、地方からでもこのオペラ公演のような快挙が可能だ。

 県内で「ムジークフェストなら2017」が開かれているが、将来的には全国から注目を集める目玉公演の創設が望まれる。(栄)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「須飼秀和ふるさとの詩」展の招待券

プレゼント写真
提供元:BBプラザ美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド