国原譜

 現職に2新人が挑む大和郡山市の市長選も激戦模様で、終盤に突入した。県下の市長選は、このところ現職が厳しい戦いを強いられている。

 それだけに最後まで予断を許さない情勢だ。来月行われる県都・奈良市の市長選も、ようやく立候補予定者が固まり、それぞれの動きが活発化し出した。

 政党は今のところ自民党が新人を推薦し、公明党にも推薦依頼した段階だ。ねじれが伝えられる民進党の動向も気になるが、自民、民進両党の支持者はとまどいを隠せない。

 とくに自民党県連(奥野信亮会長)の対応がおかしい。推薦というのは、党をあげて勝たせるために動くということだろう。選挙が初めての新人陣営の不安の声が聞こえる。

 これまでに指摘したように、県連総務会長で1区支部幹事長、市支部長の荻田義雄県議の「勝たせる」というより、逆行した言動ばかりが伝えられる。

 推薦候補が負けた橿原市や葛城市などの遠いところではなく、お膝下だから、先頭を走る姿をみせるべきだろう。事務所開きにも顔を出さなかったようだし、肩書を返上した方がいいのではないか。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド