国原譜

 どうなるかと思っていた奈良市長選も、ようやく顔ぶれがそろい、一斉に走りだした。現職、新人ともに短期決戦でどこまで支援態勢が組めるか。

 いち早く出馬表明した新人の前生駒市長で弁護士の山下真氏(48)は、これまで選挙を4回経験。政党や組織に頼らない独自の戦いを進めてきた。

 ところが今回は民進党との接近が伝えられるなど、戦い方に変化がみられる。その前身の民主党が誕生させた現職の仲川元庸氏(41)は3選を目指し、実績を全面に出して戦う。

 これには民進党支持者にとまどいも見受けられるが、両氏とも政党よりも市民党的な立場から、浮動層に狙いを定めている。同時に行われる市議選とどう連動するか。

 昨日、自民党推薦で正式に出馬表明した朝広佳子氏(56)と、共産党公認の井上良子氏(53)の両新人が参戦する。井上氏は衆院選に出馬したことがあり、朝広氏だけが選挙初挑戦だ。

 現職に3新人が挑む形になるが、県都・奈良市をどんな街にしていくのか、分かりやすい政策をそれぞれが示してほしい。有権者が厳正な審判をする。(治)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド