国原譜

 暑気の到来とともに、県内でも警察や消防などの水難救助訓練が始まった。奈良は「海なし県」だが、川などでの事故は毎年のように発生している。

 水辺で遊ぶ際には当然だが、心とモノの準備が必要。万が一の際に生死を分けるのは、泳力と併せ気持ちの余裕も大きい。

 昨年訪れたグアム島の大規模レジャープールには、プールサイドの各所に自由に使えるライフジャケットが備えてあった。幼児から大人まで各サイズが数も豊富にそろい、子供連れには安心できた。

 浮けて呼吸ができることは、足の届かぬ場所へ流された場合でもあせりを小さくし、体力の消耗を防ぐ。救助側にとっても、余計な力を使わずに安全な場所に運びやすい。

 残念ながら、前述のような十分な備えのある施設は、県内や周辺地域では見かけない。監視体制の強化も大事だが、転ばぬ先に手を回して危機を未然に防ぐ方法も有効だろう。

 海や川を含め、設備がないなら自ら対策を講じるしかない。本来水辺は、楽しさを感じさせてくれる友人のような存在。ただ親しき仲でも、ちょっとした気遣いは必要なのだ。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド