国原譜

 奈良労働局によれば、今春卒業の県内大学生の3月末での就職内定率は過去最高らしい。5月が過ぎ去る中、新社会人はいわゆる「5月病」をうまくかわしただろうか。

 仕事内容や職場環境、人間関係など、思い描いた世界との差違は少なからずあったのでは。「こんなはずでは」のつぶやきが出たかもしれない。

 目標を見失い、心が折れそうなときは、先人の姿をたどる方法もある。「僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう」(文藝春秋)では、各界の先導者がかつて味わった挫折や悩みを講演、対談を通して語る。

 山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山極寿一各氏。学生に偉人も自分と変わらぬと気付かせ、挑戦する心を持ってもらおうと、永田和宏京都大名誉教授が企画した。

 失敗を重ね、焦り、自分の道に疑問を抱く姿は、現在の先駆者とのイメージからは遠い。一方で苦境から抜け出す思考、すべは、各人各様で示唆に富む。

 壁にぶつかった際の対処法のヒントはほかにもあるだろう。なにより新社会人には、売り手市場の中で選んだ道を大事にしつつ夢に挑み続けてほしいと願う。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド