国原譜

 市民が県都のかじ取り役を選ぶ奈良市長選。現職の仲川元庸氏と前生駒市長の山下真氏の出馬表明で動きが加速した。戦いの構図は未確定だ。

 政治的な駆け引きの方に目が奪われがちになるが、大事なのは市民にとっての最優先課題についての公約。市民(有権者)によく分かる争点が明確に示されるかどうかだ。

 その意味では、選挙に向けた市民の判断材料はまだ少ないと言わざるを得ない。山下氏はかつての実績を誇示するが、奈良市の課題と解決策の説明は十分でない。

 仲川氏の後援会報の表題「0(ゼロ)から創る奈良」も疑問。3期目を目指すのだし、今さら「0から」でもあるまい。反省を込め「初心に戻って」の意味か。

 「地方の時代」にあって、県と市町村との連携・協働は不可欠。その基盤となるのは、基礎自治体である市町村のかじ取り役(首長)の見識、想像力、行動力、調整力などだ。

 少し評価してもいいと思うのは、仲川、山下両氏が政党や諸団体の動向にあまり左右されていないように見える点。もっともこれは政治家(議員)の弱体化が原因かもしれないが。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド