国原譜

 佐保川沿いの桜並木も、すっかり緑色に染まった。あれほど連日にぎわった花見の季節が、たったひと月前のことなのに、すっかり遠い昔の話のような感じだ。

 だが、季節に応じた楽しみもあり、今は「サクランボ」の赤い実を探すのが面白く、カメラに収めて楽しんでいる。新緑の季節の街なかは、花々が美しさや香りを競い合っている。

 スーパーなどでは、春の野菜がたくさん並ぶ。この時期の野菜類には、若いエネルギーが詰まっている感じがして何を買うか迷ってしまう。

 一方で、誤食のニュースも報道されている。長野では高等専修学校での家庭科の調理実習で、ニラと間違えてスイセンの葉のスープを食べた生徒ら14人が病院に運ばれた。幸い軽症だったが、教職員が実家で採取したものだった。

 北海道では80代女性が毒草のイヌサフランをギョウジャニンニクと誤って食べ、中毒死した。知人宅の敷地に自生のイヌサフランを摘み、他の野菜と炒めて家族3人で食べてしまったという。

 ドクゼリやスズラン、毒キノコ類など、怖いものは意外と身の周りに多い。十分ご注意を。(恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド