国原譜

 以前、顔見知りの女子中学生から、身の回りの書物をすべて読破したので本を貸してほしいと頼まれた。年齢を考慮した読書好きへの書籍選びは、センスを試されてもいるようで楽しかった。

 そんな喜びを味わえる日が、23日に訪れる。家族らと本や花を贈り合う、スペイン・カタルーニャ地方由来のサン・ジョルディの日だ。

 ただ、書店関係者らが盛んに定着を図った時期は過ぎ、近年は下火。国内では忘れ去られるのではと感じていた。

 だが最近、愛知県書店商業組合などが名古屋市で開くイベント、サン・ジョルディフェスティバルの存在を知った。不勉強を恥じるばかりだが、関係者によれば30年以上続く行事らしい。

 幅広い年齢層に親しまれている様子で、今年も推薦絵本や古書の展示販売、絵本作家サイン会、ワークショップなどが予定されている。

 近畿運輸局などの訪日客向け統一ICカード乗車券の利用調査では、近畿2府4県で奈良の滞在時間が最短だったと分かった。活字文化の発展にも寄与する前述同様のイベント開催は、知的な対応策の一つになり得ると思う。(智)

 

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド