国原譜

 サッカーのJリーグで3年ぶりに開かれた大阪ダービー(セレッソ対ガンバ)を観戦した。引き分けた試合内容も激戦だったが、興味をひいたのが両リームのサポーター気質である。

 ガンバのサポーターはとにかく熱い。野球の阪神ファンに相通じるものがある。負け内容をロスタイムに追いついたから喜ぶべきなのに、終了後はガンバ選手に非難の嵐。

 比べてセレッソサポーターは温和な人が多い。勝ち試合を分けた悔しい敗戦なのだが、試合終了後、スタンドに残っていた2人組は「(この内容なら)今年はJ2に落ちることはないなあ」。

 昨年はJ2で今季、J1昇格したばかりとはいえ、現役の日本代表、元代表を擁するチームとしては何とも控えめな目標に拍子抜けしてしまった。

 県が本拠のサッカーJFLの奈良クラブ、バスケットボールB2リーグのバンビシャス奈良。穏やかな県民性を反映してか、セレッソのように観客の応援ぶりは温かい。

 ただ、奈良クラブ、バンビシャス奈良ともに今季成績は今一つ。ここは心を鬼にして熱い応援で「闘魂注入」を。(栄)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド