国原譜

 雑誌の創刊号が好きだ。少々力み過ぎの場合もあるが、その出版物への哲学、愛情が凝縮され、編集スタッフの心意気が感じられるからだ。

 きっかけは、約40年前にライフスタイル雑誌として創刊された「ポパイ」(マガジンハウス)。特集はもちろん、コラム集や各種読み物、コピーまで斬新さと勢いがあったのが、今読み返してもわかる。

 同誌は形を変えつつ現在も発行されている。だが、当初の勢いに陰りが見える時期もあった。

 創刊時のスタッフは要求以上の仕事を個々の判断でやっていたが、やがて指示された作業だけのスタッフが増えた、とは数ある同誌回顧録の証言の一つ。成熟の中で進取の精神を保つのは難しい。

 新年度になり、県内でも各地で企業の入社式が行われている。代表者の決意の言葉と同様、新入社員はそれぞれ今後の展望を描いていることだろう。

 一方で、新人が会社を辞めたくなる時期は「3日、3カ月、3年」とも言われる。早期離職は今も雇用上の大きな課題だ。新たな一歩を踏み出した社会人1年生には、今の熱い気持ちを失わないでいてほしい。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド