国原譜

 20年前の米国映画「インデペンデンス・デイ」。異星人の攻撃で人類は絶滅の危機にひんするが、米国大統領自らが攻撃機に乗って立ち向かう。ハリウッド映画らしい荒唐無稽気味の作品だ。

 映画出演歴もあるトランプ大統領は、この作品の影響を受けたのではないかと疑ってしまう。巡行ミサイルによるシリアへの攻撃命令である。

 報道によると、シリア政府軍によるとみられる化学兵器で命を奪われた子どもや赤ん坊の映像をみて、大統領は心を揺さぶられたらしい。これも映画的だ。

 国の歴史が浅く、文学や音楽では欧州の歴史に及ばない米国だが、映画に関してはハンディがない。世界で最も映画産業が発達している。

 自国民が被害を受けたわけでない。国連によるお墨付きもなく法的根拠も乏しい。世界の「裁判官」と評する向きもあるが、化学兵器を使用するような無法者を容赦しない西部劇の「保安官」気分か。

 映画はフィクションであって脚本がある。しかし、現実には筋書きがない。世界が大惨事になってしまっても、絶対に撮り直しはできないのですよ大統領。(栄)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド