国原譜

 待ちに待った奈良の桜の開花宣言が、ようやく届いた。気まぐれなお天気に振り回された感じだが、佐保川沿いでは既に2~3分咲きの木もあり、しばらくは楽しみが続く。

 そんな折、川上村からもうれしいニュース。3月30日に廃業した、村で唯一残っていたガソリンスタンドを同村が無償で譲り受けた、県内初の公営スタンド「かわかみSS(サービスステーション)」が昨日開業した。

 昭和35年に開業した村内第1号の「井上石油川上SS」の設備等を引き継いだ。これまで井上英昭、イトヱさん夫妻が二人三脚で、村民の暮らしを支え続けてきた。

 昨年7月以降、公営SSの検討が始まり、新組織「一般社団法人かわかみらいふ」が運営を担うことになった。県内の油類供給事業者や、仕入れ先など関係者の協力も得て新体制が整ったという。

 ドライバーにとって山間部における給油施設の確保は心強く、観光振興などにもつながる。また、冬場は住民の灯油の需要も高い。

 さらに災害時においては、避難や復旧復興のための大切なライフラインの拠点にもなる。施設の新たな出発を喜びたい。(恵)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド