国原譜

 東京都心でソメイヨシノが咲き始めたという。県内では奈良地方気象台が今月6日に開花を報じたツバキが見ごろ。各地で多様な花が楽しめる。

 このうち奈良市にあって三名椿(ちん)と称されるのが東大寺開山堂の糊(のり)こぼし、白毫寺の五色ツバキ、そして伝香寺にある散りツバキ。

 大和の戦国武将、筒井順慶の死を悼み母親の芳秀尼が植えたという伝香寺のツバキは、花の盛りに惜しげもなく散り落ちる。その姿に順慶の潔さを重ねて別名もののふツバキとも呼ぶそうだ。

 先日、同寺で見たときは、まだつぼみも多いのに既に足元には散った花びらが。なるほどと感心する一方、潔さより命のはかなさにも思いが向く。

 ちなみに順慶といえば洞ケ峠の故事が有名だが、日和見主義者だったわけではない。動乱の時代を懸命に生き抜いた名将。やはり母親は潔さではなく早世を悼み散りツバキを植えたのだろう。

 そして散り際の良さで、軍人の潔さを象徴した時代もあったのがサクラ。こちらも現代ではイメージを一新、成功を指す合言葉「サクラ咲く」宣言を県内でも待ちわびる。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド