国原譜

 行政に求められる財政改革と地域振興。その両方を同時に進めるのは至難だが、だからこそ市民は首長の手腕に期待し、予算の出来に注目する。

 これが選挙なら各候補者の公約を検討、市民が自ら審判を下すところ。現職首長の場合は議会が代わって政策を精査し、是非を決めることになる。

 地方自治法は予算を調製、執行する権限を首長に与える一方、予算を定める権限は議会にあると規定。双方がうまく機能することで、地方行政はバランスが取れて真っすぐ進むことができる。

 逆にもし議会が予算案を否決すれば行政は混乱、住民生活にも影響が出かねない。議会にとって重い判断。首長の責も厳しく問われることになる。

 そんな事態が昨年度、奈良市で起きかけた。結果は議会が修正案を通して暫定予算を回避したが、今回も原案可決は厳しい情勢。また橿原市でも不明朗な支出をめぐり、議会が緊迫している。

 予算案の修正を迫られたり、否決されるのは首長への事実上の不信任と知るべき。また議会も市民の代弁者としての自覚を忘れず、より充実した予算審議を進めてほしい。(松)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド