国原譜

 近畿圏の高速道路の料金体系統一や道路管理事業者の一元化の動きが本格化した。県内の道路についても、足並みをそろえていく方向だ。

 荒井正吾知事も第二阪奈有料道路と、まだ未整備の京奈和自動車道「大和北道路」の西日本高速道路(NEXCO西日本)のネットワークへの組み入れが望ましいとしている。

 料金面では、割高感が指摘されている第二阪奈有料道路について値下げとなる可能性もありそうだ。820円区間が500円程度に下がるとの試算もある。

 第二阪奈有料道路に関しては資産売却額や県出資金の取り扱い、奈良・大阪両府県道路公社間の調整といった作業もあるが、特に障害となることもなさそうだ。

 問題は大和北道路。大和郡山市から奈良市、そして京都府域までつながるのはいつなのか。一元的管理はいいが、市民・利用者にとっては完成・開通の見通しがほしいところだ。

 先日、国土交通省と奈良、京都、和歌山3府県などが連携して広報活動を強化する「京奈和自動車道連携協議会」の初会合があった。PRも大事。だが一番の願いは早期全線開通だ。(北)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド