国原譜

 ラジオから「我が良き友よ」が流れて珍しいと思ったら、ミュージシャンのムッシュかまやつさんが亡くなっていた。学生時代のアパートが風呂無し、トイレ共用の下宿屋だったこともあり、親しみを感じる歌詞だった。

 サークルは文化系なのにコンパなどでOBを迎える学年は学ランで、高校時代の制服がそのまま役に立った。下宿にもサークルの同輩がいて、半ば共同生活になっていた。

 気の利いたワンルームマンションも良いが、下宿屋暮らしも悪くなかったとよく思う。個室とはいえ、廊下とは薄い扉一つ。のれんのような感覚で、隔たりながらつながっている。

 3月に入り、間もなく入学式のシーズンがやってくる。県内の高校や大学でも、大勢の新入生が期待に胸を膨らませて学舎の門をくぐる。

 SNSで無限に繰り返されるやり取りは、若者が「つながり」を強く求めている証拠だが、正面切ったコミュニケーションは苦手とよく言われる。

 中がのぞけて入るのも出るのも腕一つ。SNSの話ではない。人と人が接する上で、のれんのようなつながりは、今も昔も快適だろう。(増)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド