国原譜

 毎月最終金曜日に早めの仕事切り上げを促し、消費拡大につなげる官民一体の取り組み「プレミアムフライデー」の初回が終わった。大都市圏を除けば、まだ模様眺めといったところか。

 県内では盛り上がりに欠けた。割引きや特別なイベントを行った事業者はごく一部。取り組みを示すロゴマークもほとんど見かけなかった。

 時短を行う事業者側には課題も残る。その時間にできただろう仕事をどこで補うか、非正規労働者の賃金減をどうするかなどは解決の必要がある。

 だが商品、サービスを提供する側は、もう少し積極的に動いてもいいのでは。すぐにもうけがなくても、きっかけづくりと考えればどうだろう。

 特別な価格や商品、サービスで、普段の顧客以外の人にも足を向けてもらう。商売のすそ野を広げる方法として検討の余地はあるはずだ。

 モノ、コト消費ともに、何かに背を押されないと一歩を踏み出せぬ場合がある。来店を促す仕掛けで顧客拡大につなげる手法は、地域活性化策として県内でも成功例を見てきた。毎月の取り組みをさめた目でやり過ごすのはもったいない。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド