国原譜

 作曲家で文化勲章受章者の船村徹さんが16日に亡くなった。前日には好物のカレーうどんの大盛りを完食し、元気だったという。

 演歌・歌謡曲を中心に生涯で生み出した曲は5500曲以上。「王将」「東京だョおっ母さん」「兄弟船」「矢切の渡し」…昭和歌謡を代表するヒットメーカーの一人だった。

 自らギターの弾き語りをしながら全国を回った「演歌巡礼」公演。刑務所などを慰問する慈善活動にも取り組み、法務大臣表彰も受けた。北島三郎さんら多くの弟子を育て、著書にあるように「歌は心でうたうもの」と、歌の心を伝えてきた。

 私事ながら3年前に他界した父は、1955年に大ヒットした春日八郎さんの「別れの一本杉」が好きだった。作詞した高野公男さん(茨城県出身)は、船村さん(栃木県出身)の音楽学校時代の同級生だった。

 地方出身の二人してコロムビアレコード専属となった矢先、高野さんは26歳の若さで亡くなった。その無念の思いを胸に、曲づくりにまい進してきたのだろう。

 ダ・カーポが歌った「宗谷岬」は珍しくフォーク調で印象に残っている。(恵)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド