国原譜

 「昭和」から「平成」に変わった時を思い出す。2年後の平成31年1月1日に、皇太子さまが天皇に即位して、新しい元号とする検討に入ったという。

 昨年8月に天皇陛下が退位の意向を表明されたことから、誰もが新元号のことを意識してきた。日にちが明確にされると、その重さも増す。

 その後、首相になった小渕恵三官房長官が「平成」と書かれた色紙を高く掲げた日のことを今でも覚えている。昭和しか知らない人間にとって、違和感のある何ともいえないものだった。

 その平成時代も30年近くなった。たまに「昭和何年」などと間違えたりするが、最近では「平成」にすっかり親しみ慣れてきたところだ。その平成が変わるのも残念だ。

 まだ正式に決まったことではないが、国民生活に大きな影響を与えるだけに、慎重に事を進めてほしいと思う。奈良は初代とされる神武天皇をはじめ、天皇とは深いつながりがある。

 本紙も欄外は元号とし、西暦はカッコで表記している。それが奈良なのだと思う。今上陛下には、また奈良を訪れてほしいし、お元気でいていただきたい。(治)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド