国原譜

 昭和50年代に子ども時代を過ごした人なら覚えているのではないか。世界名作劇場テレビアニメの「あらいぐまラスカル」。少年とアライグマの友情物語だった。

 アニメの影響でペットとして大量に輸入された。ところが、この動物。愛らしい風体とは裏腹に、性格は凶暴。まあ、かわいい容姿にきつい性格は、人間にも多々あるが。

 荒っぽいアライグマを手に負えない飼い主が、山などに捨て野生化してしまった。今は輸入や飼育を禁止する「特定外来生物」に指定されている。

 繁殖ばかりでなく食欲も旺盛。雑食なので、野山から耕作地に出てきては果物や野菜を食い荒らす。県内でも農作物の被害が広がり、捕獲数は年々右肩上がりだ。

 被害を受けているのは農家だけではない。文化財も脅かされている。以前、当麻寺(葛城市)の建物にアライグマの前足による「いたずら書き」があるのを取材した。

 それらはうまく修復されたようだが、山に隣接した寺社は県内に数多いだけに油断ならない。「この顔見たら110番」ではないが、アライグマの姿を見たら役所に連絡を。(栄)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド