国原譜

 奈良国立博物館の本館は、フレンチルネサンス様式の重厚な西洋建築として知られる。完成は明治27年。最近は「なら仏像館」の名で記憶する人も多いだろう。夏にはライトアップも行われ、奈良公園のランドマークとして親しまれてきた。

 この建物が、完成時は市民に不評だったという。周辺の景観を損なうというのがその理由だ。東大寺や春日大社など、和風の殿堂のような所に本格的な西洋建築が投げ込まれたのだから無理もない。

 本紙の新年連載「観光創生」でも紹介したように、県は奈良公園内の県有地にホテル誘致を計画している。

 周辺には国の名勝に指定されている庭園「依水園」もあり、若草山の景観も美しい。誘致されるホテルは違和感なくそこに溶け込むものであってほしい。

 高さ制限はもちろん、厳しい規制の中で個性を出すのは容易ではないが、その難題にこそ「奈良らしさ」の鍵があるのだろう。

 観光の利便性は申し分なく、「奈良らしさ」が宿泊者の満足度を一層押し上げると期待される。どのような形になって現れるか、こちらも期待を込めて見守りたい。(増)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド