国原譜

 「おせっかい」にはマイナスイメージがある。だが過ぎたものでなければ、相手の好意に身をゆだねるのも居心地がいい。

視覚障害者のホームからの転落を機に設置が求められるようになった転落防止のホームドア。関西私鉄の動きは鈍かったが、ようやく設置計画も見え始めた。

 乗降客の多い駅が優先で、県内の駅への設置はまだ先のことだろう。ならば、ここで登場するのがおせっかいではないか。

 ホームで白いつえを持った人、ふらつく人を見かけたら、一緒に歩くことを申し出たり、「大丈夫ですか」のひと言をかけたり。余計なことと思われる可能性はある。

 以前、違法駐輪のために歩道の通行に難儀していた車いすの人を手助けしようと自転車を取り除こうとした際、出すぎたこととばかりに拒否されたことがある。過ぎたる態度だったのだろう。

 おせっかいでは、同様の経験をすることもあろう。だが、好きでやってると割り切れば気持ちはなえない。人同士の関係が希薄とされる現代だが、不足を気遣いで補うすべは、この国の住人のDNAに刻まれていると信じている。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド