国原譜

 寒風を吹き飛ばすかのような熱気に包まれていた。会場には全都道府県と海外からのランナーが続々と詰めかけ、手続きをした。

 今年で7回目となる奈良マラソンの会場には、早くも気合が入って闘志を見せる人や、連続出場で再会を喜びあう人、そして応援に駆けつけた親子らの笑顔がそこかしこに見られた。

 当初から全国屈指の大会として評価が高く、年を追うごとに充実しているように感じる。昨日は開会式と3キロジョギングで、一気に盛り上がった。

 同時に「食べる・楽しむゾーン」はどこも人気で、奈良県産の食材を使った店や、全国の名物やうまいものが並び、こちらも列を作っていた。とくに温かい汁物は人気のようだ。

 走る人だけでなく、応援する人も楽しめるのがいい。いよいよきょうはフルマラソン当日。4千人を超えるボランティアの人たちと、沿道で声援を送る人たちの出番だ。

 なぜ奈良マラソンが高い評価を受けているのか。それが、この陰の力があるからだ。大会全体に浸透している「おもてなしの心」だ。これこそが、われらの奈良マラソンだ。(治)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド