国原譜

 消費税の増税論議の前に、まず国会議員自らが「身を切る」ことだが、民主党は衆院の小選挙区で「0増5減」、比例代表で80減案を提案するという。

 小選挙区で自民党案を丸のみし、比例代表はマニフェストを通そうということか。議員定数の大幅削減はよいにしても、抜本的な制度改革とはいえない。

 子ども手当や高速道路の無料化など、民主党のマニフェストそのものが問われてきたのに、なぜなのかと思う。反対すれば「身を切ることに後ろ向き」というわけか。

 選挙における民意をみると、小選挙区よりも比例代表の方が明確となる。国民の多様な意思が反映されるが、小選挙区は大政党に有利な制度で、小政党は切り捨てられる。

 それだけに選挙制度の改革は慎重でなければならないし、数を減らせばいいというものではない。小選挙区制度の抜本改革こそ、求められているのではないか。

 小手先の「1票の格差」是正ではなく、制度そのものを見直す真剣さがほしい。そこで大幅な定数削減を実施すべきだ。相手に不利になると考えた戦略が逆になることもある。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報