国原譜

 ふと気が付くと、もう辺りが暗い。この季節は夕暮れどきの運転に注意したい。時計を見てまだ早いと思っても、ヘッドライトは早めに点灯を。

 交通事故による死亡数は、県内で年間100人ペースだったのが最近は半分以下に減少。かつて交通戦争と言われた時期に比べると随分改善した。

 それでも今年の死者は25日現在で45人。また昨年は12月に事故が増え7人が犠牲になった経験を踏まえ、県警は歳末に向けて取り締まりを強化、死亡事故ゼロを目指す作戦をスタートさせた。

 飲酒運転や速度超過など死亡事故に直結する違反の撲滅を図るとともに、シートベルトの着用を徹底させ、運転者の安全確保にも取り組むという。

 交通弱者と呼ばれる歩行者や自転車の側も、事故に遭わない心掛けが欠かせない。夜道では反射材を身に着けている人が増えた。また高齢者は運動能力の低下をわきまえることも必要だろう。

 地域で防災や防犯の取り組みが広がっているが、交通安全運動は暮らしの安全、安心を守る原点。年末が近付いてくると交通事故が増えるという常識を、今年は覆したい。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド