国原譜

 外国の反応の方が大きいようにも見える福島原発事故。連日文部科学省から発表される環境放射能水準調査の結果は、本県ではまだ安心レベルだ。

 過剰な反応は慎みたいとは思うが、どうにも心が落ち着かない。関西人の多くがそう感じているのではないだろうか。誰もが、より正確な情報を求めている。

 今回の事故で問題になっている原発の「冷却」について、10年という時間単位で安定して作動する冷却設備を設置し、故障なく保守・運転し続けること、という指摘があった。

 全く未知の人がインターネットで言っていることだが、これが技術的にどれだけ難しいのか分からない。だが「日本の最高の頭脳を結集した体制」が必要らしい。

 さらに「場当たり的な作業員集めで、数分間の仕事をして戻ってくるようなことでできる仕事」ではないとも述べている。そして次のように提案する。

 原則として60歳以上の、退役した元技能者・技術者のボランティアによる行動隊の結成という提案だ。このユニークな「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」の行方を大いに注目したい。(北)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド