ガストロノミーツーリズム

 

 風土に守り育てられた食材や食文化を楽しむ「ガストロノミーツーリズム」。その世界フォーラムが今年、奈良県で開かれる。国連世界観光機関(UNWTO)が主催し、3日間にわたって食と観光の連携について考える。国内外から観光大臣や政府関係者、観光事業者など延べ約1800人が参加予定だ。

 明治から昭和の文豪、志賀直哉に「食ひものはうまい物のない所だ」などと書かれた奈良県だが、飛鳥・藤原や平城京に都が置かれた古代から、豊かな食文化が育まれてきた。伝統野菜や土地に生きる家畜、そこから生まれた加工品の数々…。地に育ち、地に磨かれた奈良の食の魅力を特集で紹介する。

 

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ