政治

奈良県五條市の広域防災拠点用地巡り災害応急対策検討部会、9.5ヘクタール規模を想定 ヘリパッドや物資保管庫

関連ワード:

県の広域的な防災体制の在り方を検討した「災害応急対策(防災拠点)検討部会」=9日、県庁

 奈良県の広域的な防災体制の在り方を検討する「災害応急対策(防災拠点)検討部会」(部会長・河田恵昭関西大学特別任命教授)の第3回会合が9日、県庁で開かれた。県は五條市の県有地(旧大規模広域防災拠点用地、約62ヘクタール)に整備が必要な防災施設の内容を提示。規模は約9.5ヘクタールを想定していることを明らかにした。また、経済合理性の観点から同拠点の平時の活用についても検討していく考えを示した。

この記事の残り文字数:758文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド