歴史文化

【深掘り】ホケノ山古墳 橿考研博で重要資料、280点一挙公開 - 古墳文化の成立過程に重要な遺跡

関連ワード:

国重要文化財指定を記念して一挙公開されているホケノ山古墳出土品=橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館

 古墳時代開始期の遺跡として注目を集めてきた桜井市のホケノ山古墳(3世紀中ごろ)。出土品が国重要文化財に指定されることを記念して、奈良県橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館では、古墳文化の成立過程を考える上で重要な資料となっている指定品約280点を一挙に公開している。(竹内稔人)

 

 ホケノ山古墳は1995~2000年に調査された。全長は約80メートル、後円部の径は約60メートルで前方部が短い前方後円墳。埋葬施設は河原石を積み上げた石槨(せっかく)の内部に、木材で構築した木槨を築いた二重構造の「石囲い木槨」と呼ばれる特異な形態。副葬品は銅鏡や銅製・鉄製の鏃(やじり)、刀剣類や工具類などが出土し、古墳の築造時期は3世紀中ごろと推定されている。

「石囲い木槨」と呼ばれる特異な形態をした埋葬施設の模型

 

 古墳の西約250メートルには日本列島最初の大型前方後円墳で「卑弥呼の墓」説がある箸墓古墳(3世紀中ごろ~後半、桜井市)が存在する。築造時期はホケノ山古墳が箸墓古墳にやや先行するか同時期とみられ、墳丘や埋葬施設の全容が分かるホケノ山古墳はヤマト王権成立期の様相を知る上で重要視されている。

この記事の残り文字数:1,646文字
(写真2枚 あり)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド