社会

安楽寺で沙羅の花咲く - 奈良県御所市

関連ワード:

境内を彩る沙羅の花=12日、御所市稲宿の安楽寺

別の写真を見る

 聖徳太子ゆかりの奈良県御所市稲宿の「安楽寺」で、沙羅(ナツツバキ)の花が咲いている。7月上旬ごろまで見られそう。

 

 同寺では1983(昭和58)年ごろに沙羅の木を植え、現在、本堂横の斜面などに100本ほどある。蓮谷真範住職によると、今年は今月7日ごろに咲き始め、例年より少し遅めという。

 

 白い可憐(かれん)な花が境内を彩り、参拝者を楽しませている。沙羅の花は咲いたら1日で散ってしまうという。

 

 「花が散った後に残る実の形が擬宝珠(ぎぼし)の形に似ているなど、仏教とも縁が深い花」と蓮谷住職。20日前後が見ごろという。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド