社会

アートで人とつながり ならチャレンジド総会 特別支援学校の卒業生ら思い語る

関連ワード:

作品を仕上げる工程などについて話す今西奈保美さん(右)と今西芽さん=9日、橿原市内膳町1のミグランス内市コンベンションルーム

 奈良県内の特別支援学校の生徒らの社会参加や就労を支援するNPO法人「ならチャレンジド」(大淀町、赤川義之理事長、会員38人)の2024年度総会が9日、橿原市内膳町1丁目のミグランス(市分庁舎)内市コンベンションルームで開かれた。記念講演には関係者約110人が参加。「暮らしの中のアート」として県内4事業所の協力を受けて開いている作品展「きらり まちなかアート」に絵画を出展している、特別支援学校の卒業生と母親2組や、2事業所の担当者の計6人が作品への思いやアートを通じた交流などについて語った。

この記事の残り文字数:665文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド