政治

裏金問題の堀井、佐藤両参院議員に党員から反発の声 謝罪、説明なく「無責任」 選挙連敗も奈良県連は危機感なく

関連ワード:

「国民に対して」と書かれた自民党県連の文書

 自民党の裏金問題を受けて政治資金規正法の改正案が衆院を通過し参院での審議が始まったが、国民の反応は厳しさを増している。奈良新聞社は8日までに、同問題の当事者である奈良県選出の堀井巌、佐藤啓両参院議員が、先月の党県連総務会に出席して謝罪したことを報告する文書を入手した。同文書では、「党員・国民に対して低頭にて深謝」と書かれており、全国的な大きな問題になっているにもかかわらず、両氏だけでなく県連自体も同問題の幕引きを図っていることが分かった。党員からも「どこが国民に対してなのか、いまだ何も聞かされていない」「なぜ会見するなり、公の場で謝罪しないのか」と反発の声が上がっており、両氏や県連への不信感が高まっている。

この記事の残り文字数:911文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド