歴史文化

【深掘り】立体展示で迫る実態 家形埴輪の世界観再現 - 橿考研博物館で特別展

関連ワード:

宮山古墳の家形埴輪の配置をイメージ的に再現した展示=橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館

 奈良県橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所(橿考研)付属博物館で、古墳時代に古墳の上に並べられた家形埴輪(はにわ)を主役にした春季特別展「家形埴輪の世界」が開かれている。展示を担当した橿考研の青柳泰介学芸係長によると、家形埴輪を全国的視野で取り上げた初の展覧会。不明な点が多かった家形埴輪の実態を探っている。(竹内稔人)

 

 

進まなかった家形埴輪の研究

 家形埴輪が考古学の世界で認識されるようになったのは明治時代後半ごろ。大正時代に出土品の事例が報告がされるようになり、奈良県内では桜井市出身の在野の考古学者、森本六爾(1903~36年)が家形埴輪の情報を集めた。

 

 昭和時代になり群馬県伊勢崎市の赤堀茶臼山古墳や同県藤岡市の白石稲荷山古墳の調査を通して、考古学者の後藤守一(1888~1960年)が家形埴輪を研究。ただその後は個別の報告にとどまり、まとまった研究は進まなかったという。

 

 

並び立つ日本最大と東日本最大

 今回の特別展では奈良を中心に京都、大阪、栃木、群馬、宮崎の53遺跡から出土した家形埴輪60棟を展示。時期順にずらりと並べ、製作技法の変遷を追いながら家形埴輪の世界観に迫っている。

この記事の残り文字数:1,654文字
(写真5枚 あり)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド