スポーツ

高校個人男子、東(橿原学院) 女子、藤井本(香芝)が優勝 - 第20回県選手権大会と県高校総体兼第20回県高校選手権大会兼第68回全国高校選手権大会県代表選考会

関連ワード:

【男子個人決勝】抑え込みにかかる橿原学院の東=3日、ロート奈良第二武道場

別の写真を見る

 日本拳法の第20回県選手権大会と県高校総体兼第20回県高校選手権大会兼第68回全国高校選手権大会県代表選考会は3日、ロート奈良第二武道場で男女の大学・社会人選手による成年と高校の団体、個人計8種目を行った。

 

 成年の部男子団体は9人の対抗戦となり濫觴会が4勝2敗1分けで共栄クラブを下した。同女子団体は5人対抗戦を行い、学連OG・現役チームが濫觴会を2勝1敗2分けで退け頂点に立った。

 

 同男子個人は中川侑太(濫觴会)が大会6連覇。同女子個人は稲村真実(同志社大OG)が2年連続9度目の栄冠を手にした。

 

 高校の団体は男女各6チームでトーナメント戦を行い、男女とも青翔Aが優勝した。

 

 同個人男子は決勝で東玲惺(橿原学院)が小川由衣斗(青翔)を2―1で制し優勝した。同女子決勝は藤井本愛加(香芝)が2―1で鶴田望(橿原)を下した。

 

 中学生までの選手が出場したエキシビジョン・ジュニア団体戦も行われ、日ごろの練習の成果を存分に発揮した。最優秀選手賞は奥田悠介(青翔中)、優秀選手賞は中川仁誠(濫觴会)、上田大耀(同)、玉置彩瑛(同)、田中路惟(青翔中)、技能賞は大川敢己(共栄クラブ)、森田穂花(濫觴会)、岡本和(青翔中)、中川真吾(共栄クラブ)、敢闘賞は玉置瑛士(濫觴会)、中川斗希愛(同)、平尾紡希(同)、木村奈々美(青翔中)がそれぞれ受賞した。 高校の男女団体の1、2位、同個人で3位までに入賞した8人は、7月27、28の両日に神奈川県の横浜武道館で開かれる全国高校選手権大会への出場が決まった。

 

 また成年男女の優勝、準優勝者と、ジュニアの各賞受賞者は9月15日に大阪市中央体育館で開かれる総合選手権大会に出場する。

 

 

【男子】

▽成年団体対抗戦 

(1)濫觴会4勝2敗1分

(2)共栄クラブ2勝4敗1分

 

▽同個人準々決勝

中川(濫觴会) 1―0 木村(関学大OB)

高谷(大市大OB) 1―0 永井(大経大OB)

三浦(大経大OB) 1―0 平野(関学大OB)

松村(中央大OB) 2―0 上田(龍谷大OB)

 

▽同準決勝

中川 1―0 高谷

松村 2―0 三浦

 

▽同決勝

中川 2―0 松村 

 

▽高校団体1回戦

青翔B 3―1 奈良南

橿原学院・奈良学園 3―2 橿原B

 

▽同準決勝

橿原A 4―1 青翔B

青翔A 3―2 橿原学院・奈良学園

 

▽同決勝

青翔A 4―1 橿原A

〇小川 2―0 堀川

〇岡田 2―0 松田

〇石河 2―1 辻川

 尾崎 0―2 河西〇

〇植山 2―0 喜多

 

▽同3位決定

橿原学院・奈良学園 3―2 青翔B

不戦敗 上田〇

不戦敗 上島〇

〇森田 2―0 河合

〇東 2―1 小山

〇吉崎 2―0 赤木

 

▽高校個人準々決勝

小川(青翔) 2―0 弓場(奈良南)

吉崎(奈良学園) 1―0 石河(青翔)

東(橿原学院) 2―0 河西(橿原)

上西(奈良南) 0―0 植山(青翔)

 延長 

 

▽同準決勝

小川 2―0 吉崎

東 2―0 上西

 

▽同決勝

東 2―1 小川

 

【女子】

▽成年団体対抗戦 

(1)学連OG・現役チーム 2勝1敗2分

(2)濫觴会 1勝2敗2分

 

▽同個人準々決勝

稲村(同志社大OG) 2―1 矢敷(大芸大)

飯田(京産大) 2―1 黒松(橿原高OG)

中井(橿原高OG) 1―1 大窪(天理大)

 延長 

前田(大商大OG) 0―0 中野(同志社大)

 判定

 

▽同準決勝

稲村 2―0 飯田

前田 1―0 中井

 

▽同決勝

稲村 1―0 前田 

 

▽高校団体1回戦

橿原C 2―0 青翔B

橿原B 2―1 奈良南・香芝・智弁カレッジ

 

▽同準決勝

橿原A 3―0 橿原C

青翔A 2―1 橿原B

 

▽同決勝

青翔A 2―1 橿原A

椿井 0―2 北口〇

〇橋本 2―0 森本

〇奥田 2―1 鶴田

 

▽同3位決定

橿原B 3―0 橿原C

〇逸崎 2―0 西田

〇岩田 1―0 米倉

〇駒井 2ー0 角井

 

▽同個人準々決勝

藤井本(香芝) 1―0 島田(青翔)

北口(橿原) 2―0 森本(橿原) 

鶴田(橿原) 2―1 逸崎(橿原)

杉本(橿原) 2―1 橋本(青翔)

 

▽同準決勝

藤井本 1―0 北口

鶴田 2―0 杉本

 

▽同決勝

藤井本 2―1 鶴田

 

 

成年男子個人で大会を果たした濫觴会の中川(右)=ロート奈良第二武道場

 

2連覇9回目の優勝を手にした同志社大OGの稲村=ロート奈良第二武道場

 

高校男子団体決勝=ロート奈良第二武道場

 

高校女子団体決勝=ロート奈良第二武道場

 

元気いっぱいに熱戦を繰り広げるジュニアのエキシビジョン=ロート奈良第二武道場

 

2024年5月18日付・奈良新聞に掲載

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド