特集奈良の鹿ニュース

教育

新茶シーズン幕開け~大和茶の初市開催 - 奈良県の特産品を知ろう【ふりがな付きニュース】

関連ワード:

 大和やまとちゃ新茶しんちゃシーズン幕開まくあけをげる2024年度ねんどはつちゃ入札にゅうさつ販売会はんばいかいはつちゃ初市はついち」が5月8日、奈良市都祁白石町ならしつげしらいしちょうのJAならけん広域こういきちゃ流通りゅうつうセンターでおこなわれました。2024年度ねんど霜害そうがいすくなく、生育せいいく平年並へいねんなみで、例年れいねんどう時期じき初市はついち開催かいさいとなりました。

 

 けん特産とくさん大和やまとちゃ奈良市東部ならしとうぶ地域ちいき山添村やまぞえむらなど大和高原やまとこうげんばれる地域ちいき中心ちゅうしん栽培さいばいされています。この地域ちいき朝晩あさばん寒暖差かんだんさおおきいなどちゃ栽培さいばいてきした条件じょうけんそなえているのにくわえ、全国ぜんこくのほかの産地さんちくらべて収穫しゅうかく時期じきおそいため、しぶみがすくなくうまみがつよちゃ生産せいさんできるのが特徴とくちょうです。

 

 初市はついちには奈良市ならし山添村やまぞえむらなどの生産者せいさんしゃからけい53てんやく4200キロの荒茶あらちゃ出品しゅっぴんされました。荒茶あらちゃとはちゃ農家のうかんだなまをすぐにし、んで、乾燥かんそうさせたもので、茶葉ちゃばおおきさをそろえるためにきざんだり、ほかの産地さんち茶葉ちゃばとブレンドしたりするまえ茶葉ちゃばです。

 

 初市はついちには県内けんない京都きょうとなどからちゃしょうばれる販売はんばい業者ぎょうしゃ22しゃ参加さんかし、茶葉ちゃばいろ形状けいじょうかおり、おもさのほか、そそいで抽出ちゅうしゅつしたちゃいろあじなどを慎重しんちょう吟味ぎんみして入札にゅうさつ価格かかくめていきました。

 

 最高さいこう価格かかくがついたのは品評会ひんぴょうかいへの出品しゅっぴん想定そうていし、かたなどに細心さいしん注意ちゅういはらった県品茶けんぴんちゃで、1キロたり1まん2600えんでした。このきされた新茶しんちゃはやければ5月下旬げじゅんから店頭てんとうならぶそうです。

 

 JAならけんの東良彦常務理事ひがしよしひこじょうむりじは「今年ことし順調じゅんちょう生育せいいくしている。安心あんしん安全あんぜん良質りょうしつちゃを、ちゃしょうみなさんのニーズにもこたえながら生産せいさんしていきたい」とはなしました。はつちゃ入札にゅうさつ販売会はんばいかい今後こんご、6月3日まで11かいおこなわれる予定よていです。

 


出品しゅっぴんされたちゃ吟味ぎんみする販売はんばい業者ぎょうしゃ=5月8日、奈良市都祁白石町ならしつげしらいしちょうのJAならけん広域こういきちゃ流通りゅうつうセンター

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド