特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

新・大和の神々/14 柿本神社・影現寺のチンポンカンポン祭り(葛城市柿本) - 人麻呂しのび盛大に

関連ワード:

盛大に行われた御供まき=葛城市柿本の柿本神社=葛城市柿本の柿本神社

 万葉集を代表する歌人、柿本人麻呂にちなんだ年中行事「チンポンカンポン祭り」。葛城市柿本の柿本神社と影現寺(ようげんじ)では命日に合わせた4月18日、地域住民が人麻呂をしのぶとともに一年の豊作を願う。(竹内稔人)

 

 柿本人麻呂は生没年不詳。万葉集に収められた歌88首の時期から、持統天皇から文武天皇の時代に活躍したと考えられている。平安時代の「古今和歌集」では「歌の聖(ひじり)」と称され、後世には和歌の神様として神格化された。

 

 言い伝えによると、柿本神社は石見国(島根県)で亡くなった人麻呂を、奈良時代の770年、この地に改葬してそばに社殿を建てたのが始まり。影現寺は平安時代の858年、人麻呂のまたいとこに当たるという、弘法大師空海の弟子真済上人が、同神社を守る神宮寺として建立したという。

この記事の残り文字数:890文字
(写真枚数:2枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド