特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

富雄丸山古墳出土の蛇行剣 保存科学が貢献 - 装具解明で価値高まる

関連ワード:

装具の構造が明らかになったことでさらに価値が高まった蛇行剣=3月26日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所

 奈良市の富雄丸山古墳(4世紀後半)から出土した鉄剣「蛇行(だこう)剣」は、手で持つ部分の把(つか)や剣身を収める鞘(さや)が特殊な構造をしていたことが分かった。全長2メートル37センチという世界的にも最大級の鉄剣は、「装具の構造が明らかになったことでさらに価値が高まった」と専門家は語る。新知見が得られた調査研究では、考古学と密に連携した文化財保存科学が大きな役割を果たした。(竹内稔人)

 

 3月26日、奈良県立橿原考古学研究所(橿考研)と奈良市教育委員会が蛇行剣の調査研究成果を発表した会見。橿考研保存科学研究室の担当者4人を代表して、奥山誠義総括研究員は剣の応急的な保存科学的処置についてこう総括した。「小さな痕跡も見逃さないという環境の中で作業できた結果が、今回の大きな発見につながった」

この記事の残り文字数:1,226文字
(写真枚数:3枚)

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド